【本宮】日輪寺のシダレザクラが見ごろ 推定樹齢は200年

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
間もなく見ごろを迎える日輪寺のシダレザクラ

 本宮市指定天然記念物の日輪寺のシダレザクラは1日、温かな陽気に誘われ、つぼみが一気に開き始めた。同市によると同日現在、七分咲きで、今週末には満開を迎える見込み。

 地表近くまで垂れ下がった枝に淡紅色の花が特徴。幹が根元から二つに分かれた双樹の巨木で、根回りは約3.2メートル、樹高は約9メートル。推定樹齢は約200年を数える。淡紅色が目立ち始めた桜を観賞しようと、1日は多くの市民らが訪れ、春の訪れを感じていた。