【三春】流れ落ちる...薄紅色 「三春滝桜」間もなく満開、観光客魅了

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
薄紅色の花を咲かせ、観光客を魅了する三春滝桜=8日、三春町

 三春町の国指定天然記念物「三春滝桜」が間もなく満開を迎える。町によると、8日午前で五分咲きほどで、2、3日中に満開となりそうだという。町は、夜間ライトアップの時期を早め、9日から行う。

 滝桜は薄紅色の花が木全体を覆い尽くすように広がり、滝が流れ落ちるような枝垂れに観光客が見入っている。この日は平日ながら、県内外から多くの観光客が訪れた。三春まちづくり公社によると、午後6時までに約3000人が訪れ、荘厳な滝桜の姿を楽しんだ。

 夜間ライトアップは23日までで、午後6時~同9時。観桜料は1人300円。中学生以下は無料。