【会津若松】大河ドラマの映像にも使われた「石部桜」が見ごろ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
見ごろを迎えている会津若松市の石部桜

 会津若松市一箕町にある会津五桜のひとつ「石部桜」が9日、見ごろを迎え、大勢の観光客を魅了している。

 樹齢約650年で中世会津の領主葦名氏の重臣、石部治部大輔の庭にあったと伝えられる。大河ドラマ「八重の桜」のオープニング映像にも使われ、さらに知られるようになった。

 アクセスは同市飯盛山の市営駐車場から北に徒歩約15分、滝沢浄水場近く。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【猪苗代】〔ふくしま・さくらだより〕観音寺川の桜並木 桜彩る川の流れ