【郡山】ミニSL乗って笑顔 パナソニックデバイス、満開の桜並木開放

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
初めてお目見えしたミニSLに乗る子どもたち

 郡山市のパナソニックデバイスマテリアル郡山は、同市の同社敷地内を一般開放し、地域住民に満開となった桜並木を披露した。パナソニックデバイス労働組合郡山支部の協賛。

 同社の地域貢献活動の一環として毎年行われ、14度目。敷地内には約250本の桜の木が植えられており、訪れた多くの人々が、桜を背景に写真を撮るなどしながら春の訪れを楽しんでいた。今回初の試みとしてミニSLもお目見えした。子どもたちはミニSLに乗って笑顔で手を振り、イベントを満喫した。

 先着1450人には花見団子が振る舞われ、来場者が桜並木の下で味わった。