【南会津】大イチョウにサクラ咲く!? 南会津の天然記念物に白い花

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
白い花(写真・中央)を咲かせた古町の大イチョウ

 南会津町伊南地域の県指定天然記念物「古町の大イチョウ」に白いサクラの花が咲き、地元住民らを驚かせている。

 大イチョウは樹高約35メートル、幹回り約11メートルの巨木で、樹齢は約800年。紅葉の時期には黄金色の葉を樹木全体にまとい、同町の観光名所となっている。

 町によると、サクラの花は今月中旬ごろから樹木の一角に咲き始めた。これまでサクラの木を接ぎ木した経緯はなく、何らかの理由で大イチョウの幹にサクラの種子が付着し成長したとみられる。

 サクラの花の開花は2~3年前から見られる現象で、地元でもあまり知られていないという。町の担当者は「春にはサクラが咲く珍しい大イチョウを観賞してほしい」と話している。サクラの花は大型連休前半ごろまで観賞できる見通し。