【いわき】一足早くいわきの「河津桜」咲き始め 小名浜で20.6度観測

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
鮮やかなピンクの花を咲かせ始めた河津桜=17日午後、いわき市佐糠町

 南から暖かい空気が流れ込んだ影響で県内は17日、各地で気温が上昇した。

 広野町で平年より13度高い20.8度、いわき市小名浜で12度高い20.6度を観測するなど、4月上旬から6月上旬並みまで気温が上がり、観測26地点で今年最高を更新した。

 いわき市佐糠町では、常磐共同火力勿来発電所の南側敷地にある河津(かわづ)桜が咲き始めている。

 早咲きで知られる河津桜は、同社が2005(平成17)年に創立50周年記念事業として50本を植樹、近隣住民らが春の訪れを告げる花として親しんできた。同社によると、今年は例年より開花が2~3週間ほど早いが、昨年より3日遅い今月8日に1輪開花したという。