【会津若松】会津の春...『一輪』開花 会津若松税務署前の桜咲く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
一輪だけ開花した会津若松税務署前の桜

 会津の春はまだ肌寒いが、会津若松市の会津若松税務署前の桜は24日、一輪だけ開花した。

 桜の種類はソメイヨシノで、日当たりが良いためか、同市の中では早く咲くことで知られる。昨年の開花は30日だったが、今年は少し早めの開花となった。24日は時折雪も舞う天候だったが、ピンク色に染まった花が春の訪れを感じさせる。

 花見の名所として知られ、例年大勢の観光客でにぎわう鶴ケ城を管理する会津若松観光ビューローによると、鶴ケ城公園の桜の開花は13日ごろが見込まれている。公園内にはソメイヨシノを中心に約1000本の桜が植えられている。