【三春】「三春滝桜」...開花前にライトアップ 試験点灯で『荘厳な姿』

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
開花前の試験点灯で暗闇に浮かび上がる三春滝桜=29日午後、三春町

 三春町にある国の天然記念物「三春滝桜」のライトアップに向けた試験点灯が29日、現地で行われた。樹齢1000年を超えるとされる巨木や枝が光に包まれ、暗闇の中に滝桜の荘厳な姿が浮かび上がった。

 滝桜周辺に発光ダイオード(LED)の照明を設置。今年は例年よりも広角に照らし、桜を一層鮮明に浮かび上がらせるようにした。ライトアップ期間は4月8~16日の各日午後6~9時を予定しているが、開花状況によって変更がある。日本気象協会によると、開花の見込みは4月中旬ごろ。

 試験点灯では、町職員らが光の当たり具合などを確認した。