【会津若松】鶴ケ城の桜...照らす光 ライトアップ始まる、5月7日まで

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ライトアップが始まった鶴ケ城の桜=7日午後、会津若松市

 桜の名所として知られる会津若松市の鶴ケ城で7日、桜のライトアップが始まった。城内の桜が照らされ、幻想的な空間が演出されている。開花は今月15、16日ごろとみられ、ライトアップは5月7日まで。

 城内の桜約1000本を照らす。点灯は日没~午後9時30分。初日の点灯式では、室井照平市長や鶴ケ城を管理する会津若松観光ビューローの渋川恵男理事長らが点灯スイッチを押した。

 点灯期間中は「鶴ケ城さくらまつり」として、南蛮・会津文化に触れる會津十楽(土・日曜、祝日)など各種イベントが行われる。