【相馬】『隠れた桜の名所』整備 樹齢100年...程田のオオヤマザクラ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
辺が整備された相馬市程田のオオヤマザクラ

 地元の隠れた桜の名所を保全しようと、有志で行ってきた相馬市程田字小堤のオオヤマザクラの周辺整備が終わった。桜は約100年前から同所に自生してきたと伝えられ、23日ごろまで見ごろだという。

 整備したのは同市の土屋佳丈さん(76)、中村富雄さん(65)の2人で、昨年から枯れ枝や周囲の草を伐採するなど整備を続けてきたという。保水池のほとりに咲く1本桜は見事で、土屋さんは「もっと多くの人に知ってほしい」と話す。桜は飯豊小から南に車で約3分、同市程田の共同墓地の道程にある。