【会津若松】鶴ケ城で桜満開  5月7日まで夜間ライトアップ実施

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
約千本の桜が満開となった鶴ケ城。好天にも誘われ、大勢の観光客が訪れた=22日

 会津若松市のシンボルで桜の名所としても知られる鶴ケ城に咲く約千本の桜が満開となり、週末の22日は好天にも誘われた大勢の観光客が訪れた。城内は桜色に彩られ、春満開の雰囲気となっている。

 鶴ケ城には、ソメイヨシノを中心に約千本の桜が咲く。会津若松観光ビューローによると、開花宣言は16日で昨年より10日遅かったが、ようやくピンク色に染まった桜が咲きそろった。天候にもよるが、桜の見ごろはここ数日とみられる。

 大型連休最終日の5月7日までは夜間のライトアップ(日没~午後9時30分)も行われ、幻想的な光景をつくり出している。