【会津若松】〔ふくしま・さくらだより〕やすらぎの郷会津村

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 高台から会津盆地を見渡す高さ約57メートルの「会津慈母大観音像」で知られる。敷地内には約200本のソメイヨシノが植えられており、標高が高いため会津若松市内よりやや遅い時期に桜が楽しめる。残雪の会津磐梯山も望むことができる。シダレザクラは間もなく開花予定で、八重桜は大型連休まで楽しめそうという。

 【アクセス】磐越道磐梯河東インターチェンジから国道49号を西へ車で約5分