【富岡】絶景!桜のトンネル 夜の森桜並木、町民の『心のよりどころ』

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ほぼ満開となり、桜のトンネルを思い思いに楽しむ家族連れ=1日正午ごろ、富岡町

 富岡町のシンボルで町民の心のよりどころとなっている同町夜の森地区の桜並木が1日、ほぼ満開となった。昨年4月1日の帰還困難区域を除く避難指示解除から丸1年。帰還した町民も、避難している町民も以前と変わらず美しい夜の森の桜を見上げ、郷土愛を深めた。

 桜並木は、約2.2キロにわたりソメイヨシノが道路沿いに並ぶ「桜のトンネル」として町民らに愛されてきた。大半は帰還困難区域にあるため、観桜できるのは富岡二中周辺の約300メートルの区間。

 この日は春の陽光に包まれ、桜並木は家族らでにぎわった。妻と共に避難先の郡山市から訪れた会社員男性(36)は「この美しい桜が誇り。早く帰還困難区域が解除され、夜の森にある全ての桜を楽しめる環境にしてほしい」と話した。

 町は14、15の両日、桜並木ににぎわいを取り戻そうと富岡二中周辺で「桜まつり」を開く。