【大玉】倒伏の「馬場桜」...懸命の手入れで開花 見ごろ迎え『一安心』

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
倒伏から復旧し、見ごろを迎えた馬場桜

 暴風の影響で3月に倒伏し、復旧作業を行った大玉村玉井字石橋の樹齢1000年以上を誇る国指定天然記念物「馬場桜」が3日、見ごろを迎えた。好天で一気に開花し、村民らが見入っている。手入れなどに取り組む馬場桜保存会の武田明守会長(87)は「やっと咲いてくれた」と喜んだ。

 3月の強風で根っこが引きちぎられるように倒伏したが、一部の根っこは今後も成長が期待できるとして、幹の一部を切り落とした上で支柱で幹を固定して元の場所に戻した。

 倒伏した際にも花芽がついていたため今春の開花は予想されていたが、武田会長は「ようやく一安心」と胸をなで下ろした様子。3日現在、五分咲きという。