【相馬】〔ふくしま・さくらだより〕涼ケ岡八幡神社 赤い神路橋と共演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 参道や放生池(ほうじょういけ)の周りに並ぶソメイヨシノ、シダレザクラ約130本が見ごろを迎えている。植えられたのは神社社殿などが整備された1695(元禄8)年ごろといわれている。池に架かる赤い神路橋(しんろきょう)と一緒に見る桜が絶景で多くの人でにぎわっている。

 【アクセス】常磐道相馬インターチェンジから車で約5分