【郡山】〔ふくしま・さくらだより〕花木団地 2万5000本が咲き競う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県の「花木集団産地育成事業」によって1970(昭和45)年に整備されたことから、「花木団地」と呼ばれる。面積約25ヘクタールには、トウカイザクラやヒガンザクラなどの桜のほかにレンギョウ、モクレンなど春の花々約2万5000本が咲き競う。

 【アクセス】JR郡山駅から車で約15分、東部ニュータウン東側