【会津若松】長い冬耐えた会津...サクラ装い 開花進む鶴ケ城1000本の桜

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
鶴ケ城公園の桜に彩られる天守閣=10日午後、ジャパンフライトサービスのヘリから撮影

 長い冬を耐えた会津に、ようやく桜の季節が訪れた。戊辰戦争から150年の節目を迎えた会津若松市のシンボル・鶴ケ城の約1000本の桜も開花が進んでいる。

 鶴ケ城を管理する会津若松観光ビューローによると、場所によって開花状況は違うが、おおよそ七分咲き。ここ数日で満開を迎えそうで、例年より1週間ほど早くなりそうという。