【二本松】「合戦場のしだれ桜」ライトアップ始まる 映える濃いピンク

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ライトアップの点灯スイッチを押す関係者

 二本松市東新殿の桜の名所「合戦場のしだれ桜」が満開となり、夜間の本格的なライトアップが9日から始まった。25日までの予定で、毎日午後6~9時に点灯している。

 ライトアップは県舞台照明音響事業者協議会が毎年実施。しだれ桜の濃いピンク色が映える、温かみのある点灯が楽しめる。

 点灯式では三浦勝真岩代観光協会長、三保恵一市長、鈴木邦彦同協議会長があいさつ。三浦敏生合戦場のしだれ桜保存会長、所有者の三浦喜徳郎さんも加わり、点灯のスイッチを押した。