【南会津】春の南会津路『散策』...桜と歴史楽しむ 県内外から1000人 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
春の南会津路を楽しむ参加者ら

 春の南会津路の散策を楽しむ「南山の桜と歴史めぐりウオーク2018」は29日、南会津町のまちの駅「南会津ふるさと物産館」を発着点に行われ、参加者が同町の雄大な自然や歴史を満喫した。

 町観光物産協会などでつくる実行委員会の主催、町の共催。県内外や台湾から約1000人が参加した。

 参加者は6キロ、11キロ、16キロと、まちの案内人と歩く4キロのコースに分かれて町内を歩いた。

 初夏を思わせる陽気の中、参加者は県重要文化財の鴫山城跡や永田三十三観音などの名所に立ち寄りながら元気に歩みを進めた。コースの途中では、つゆじやニシンの山椒(さんしょう)漬けなどの郷土料理が振る舞われ、参加者は舌鼓を打っていた。