【ミズバショウ】白くかれんなミズバショウ 郡山・逢瀬公園で開き始め

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
白くかれんな苞が開き始めたミズバショウ=19日、郡山市・逢瀬公園

 郡山市逢瀬町の逢瀬公園で、春の訪れを告げるミズバショウの白くかれんな苞(ほう)が開き始め、訪れた人の目を楽しませている。

 同公園では東西の駐車場近くの湿地帯2カ所で約400~500株のミズバショウが群生している。

 管理している逢瀬公園・緑化センター事務所によると、今年の苞の開き始めは例年より5日ほど早い今月18日に確認。天候にもよるが、あと1週間ほどで見ごろを迎え、来月上旬まで楽しめるという。