【カタクリ】「カタクリ」愛らしく開花 福島・小鳥の森、数万本咲き誇る

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
愛らしい花を咲かせ始めたカタクリ=21日午前、福島市小鳥の森

 福島市小鳥の森でカタクリが開花し、愛らしい花が訪れる人たちを楽しませている。見ごろは4月2日ごろとみられ、約1ヘクタールの林床に数万本が咲き誇る。

 カタクリはユリ科の多年草。高さ約15センチの茎の先に薄紫の花を下向きに付ける。木々の葉が茂る前の、ほんの数週間しか姿を見せないため「春のはかない命」とも呼ばれる。今年は2002(平成14)年と並んで過去最も早い、17日に開花が確認された。

 27日からは、ビジターセンターに常駐する「小鳥の森ボランティアガイド」が、群生地までの道案内と解説を行う。時間は午前10時~午後3時。