【スイセン】鮮やか黄色「スイセン」咲き誇る 西郷・那須白河フォレスト

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
土手などで鮮やかな花を咲かせるスイセン=那須白河フォレスト・スプリングス

 西郷村金子石のフィッシングパーク「那須白河フォレスト・スプリングス」で、場内に植えられたスイセンが咲き始め、鮮やかな黄色く色づいた花が来場者の目を楽しませている。同パークは開花に合わせて今月、水仙まつりを展開し来場者限定サービスを提供している。

 同パークはフライとルアーによる釣り愛好家向けの施設。約27ヘクタールの敷地内に早咲き、中咲き、遅咲き合わせて数十種類約30万株のスイセンが植栽されている。今年は、例年より2週間ほど早い3月20日すぎごろに咲き始めた。現在では花をつけるスイセンがそろいだし、一部には一面を黄色く染める場所もある。

 同パークによると、今月中旬から5月中が見ごろとなる見通しで、ピーク時には約30万株が満開になるという。