【サクラなど】花々...色鮮やか! 緑水苑内覧会、参加者が春感じる

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
色とりどりの花々を楽しんだ来場者

 郡山、本宮両市にまたがる「四季の里 緑水苑」は13日、同園で内覧会を開いた。出席者が桜など園内を彩る色鮮やかな花々を楽しみ、春の訪れを感じ取った。

 同園では、250本以上の桜などが数多く咲いている。同園によると、ソメイヨシノとシダレザクラは見ごろを迎え、八重桜、山桜が下旬ごろに見ごろを迎える見通し。5月にはシャクナゲ、ツツジなど、6月にはアヤメやアジサイなどさまざまな花が観賞できる。参加者は春風に吹かれ、園内一面に広がる美しい景色を満喫した。懇親会も開かれ、佐久間繁社長が「咲き誇る季節の花々を楽しんでほしい」とあいさつした。