【芝桜など】敷地5ヘクタール、花の名所 さつき山公園オープン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
見ごろを迎えているハート型の芝桜

 約1万株の山ツツジや約8000株の芝桜などさまざまな種類の花に囲まれた二本松市五月町の「さつき山公園」で15日、オープン式が行われた。16日から5月15日まで「第7回さつき山公園まつり」が開かれる。

 同公園は、大内長安(ながやす)園主が福島市の花見山を目指して2007(平成19)年から整備を続けている個人庭園。約5ヘクタールの敷地内には山ツツジや芝桜のほか、約3000株のサツキ、約1000株のアジサイなどが植えられている。安達太良山や西吾妻連峰が見渡せる展望台、ウッドチップを敷き詰めた遊歩道も整備されており、今シーズンは新たに「幸せの鐘」も設置した。幸せを呼ぶハート型の芝桜もある。

 オープン式では、大内園主が「みんなの公園にしようと整備を続け、ここまで来た。多くの方に見ていただくことで、少しでも地域に貢献したい」とあいさつ。新野洋市長、遊佐久男県議、地元市議が祝辞を述べ、テープカットした。

 大内園主によると、黄色いレンギョウなどが見ごろを迎え、遊歩道内ではクリスマスローズやショウジョウバカマなども楽しめる。まつり期間中は管理費として300円(高校生以上)の協力を求める。