【ミズバショウ】ミズバショウ見ごろ 檜枝岐・ミニ尾瀬公園が再オープン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ミズバショウが見ごろを迎えているミニ尾瀬公園=檜枝岐村

 尾瀬国立公園の自然を再現した檜枝岐村の「ミニ尾瀬公園」が23日、再オープンした。暖冬の影響で例年より3週間ほど早くミズバショウが見ごろを迎えており、観光客が尾瀬の豊かな自然を楽しんでいる。

 木道が整備された約8ヘクタールの敷地にミズバショウやニッコウキスゲ、コマクサなど尾瀬の植物などが植えられ、車いすやベビーカーでも入園できる。いわき市から家族で訪れた寺島絹子さん(66)は「山に登らなくても高山植物を見ることができる。ミズバショウ以外の山野草も、これから咲き始めるので楽しみ」と話した。

 入園料は高校生以上500円(税込み)小中学生200円(同)で、未就学児は無料。