【ボタン】『百花の王』鮮やかさに魅了され 須賀川牡丹園、ボタン見ごろ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ボタンの花が色鮮やかに咲き誇り、観光客を魅了する須賀川牡丹園=7日午前、須賀川市

 須賀川市の国指定名勝「須賀川牡丹園」のボタンの花が見ごろを迎えている。園内は「百花の王」などと称される鮮やかなボタンの花々で彩られ、人々を魅了している。

 発祥250年を迎えた同園には、10ヘクタールの敷地内に290種7000株のボタンが咲き競う。現在は中咲きのボタンで紫色の「島大臣」などが見ごろで、遅咲きのボタンで白色の「白王獅子」、黄色の「ハイヌーン」なども咲き始めている。

 また、銀閣寺(京都市)の花壇「仙草壇(せんそうだん)」に植えられ、樹勢回復のため2013(平成25)年に同園に移植されたボタンも大輪の花を咲かせている。

 開園時間は午前8時30分~午後5時。有料期間は今月下旬ごろまでで、入園料は高校生以上500円、小・中学生200円。