【ツツジ】ツツジ1万株など咲き競う ますつり公園で「春の花まつり」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
見ごろを迎えたツツジが園内を鮮やかに演出しているますつり公園

 林養魚場(西郷村、林総一郎社長)は、同村小田倉のますつり公園と那須白河フォレストスプリングスで春の花まつりを開いている。来場者が釣りを楽しみながら、咲き誇る花を満喫している。まつりは花が終わるまで開かれる。入場無料。

 ますつり公園では、園内の日本庭園に植えられたツツジ約1万株が例年より1週間ほど早く開花、紫色のミヤマキリシマや朱色のキリシマ、花が大きいリュウキュウなどが咲き競い、園内を鮮やかな色彩で演出している。愛子さまのお印のヤシオツツジも満開の白い花を付け、来場者を出迎えている。見ごろは20日ごろまで続くという。