【ツツジ】避難生活の疲れ癒やすツツジ 飯舘村民が公園を散策

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
村内のツツジ公園を散策しながら交流を深める村民

 東京電力福島第1原発事故で避難生活を送る飯舘村民は16日、村内のいいたて大火山ツツジ公園を散策し、親睦深めた。

 ツツジが満開となった公園内を散歩しながら、避難生活の疲れを癒やしてもらおうと企画した。川俣町周辺で避難生活を送る村民でつくる交流会「しあわせカフェ川俣」の会員ら約30人が参加した。

 公園散策に続いて、村内の宿泊体験施設「きこり」で理学療法士による足ほぐし体操教室も開いた。