【ウメ】郡山・西田の『梅ロード』見ごろ 白梅や紅梅が七~八分咲き

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
紅梅と白梅が見ごろを迎えている「梅ロード」=4日午後、郡山市西田町

 二十四節気の一つで、すがすがしく明るい空気が満ちるとされる「清明」の4日、県内は高気圧に覆われ、最高気温が福島市で16.7度など各地で10度を上回る春らしい陽気となった。郡山市西田町の「梅ロード」と呼ばれる畑には、約5ヘクタールの敷地に白梅と紅梅が植えられ、現在は七~八分咲きと見ごろになっている。

 JA福島さくら西田総合支店によると、同ロードは、地域の特産品の梅の木を活用して1990(平成2)年ごろから整備されている。これからシダレザクラやレンギョウも咲き始め、16日ごろまで楽しめるという。

 9日には同ロード周辺を会場に「西田町梅の里まつり」が開かれる。