【オオイヌノフグリ】『春』行きつ戻りつ 啓蟄で冬ごもりの虫たち動く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
咲きだしたオオイヌノフグリの間を動き回るナナホシテントウムシ=福島市大森

 6日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」。冬ごもりしていた虫たちが動きだすころとされる。

 福島市大森では、咲きだしたオオイヌノフグリの間を動き回るナナホシテントウムシの姿が見られた。

 5日の県内は低気圧に覆われたものの気温は高く、福島地方気象台によると、最高気温は檜枝岐村で11.9度、いわき市小名浜で11.7度、福島市で9.7度。北塩原村桧原では11.1度で今年最高を記録し、各地で3月中旬から4月中旬並みとなった。