【山桜など】園内鮮やか彩る花々楽しむ 緑水苑で内覧会、春の訪れ観賞

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
咲き誇る桜などを楽しむ来場者

 郡山、本宮両市にまたがる「四季の里 緑水苑」は16日、同園で内覧会を開いた。出席者が、桜など園内を鮮やかに彩る花々を楽しみ、春の訪れを感じ取った。

 同園は着工から25周年の節目を迎え、全国的にも珍しい四季を通して花を観賞できる自然型の池泉回遊式庭園として完成した。同園によると、八重桜、山桜、ツツジが咲き始めという。

 5月にはシャクナゲ、クリンソウなど、6月にはバラ、アヤメやアジサイなどさまざまな花が観賞できる。20日まで、先着25人に花をプレゼントしている。

 参加者は春風に吹かれ、園内一面に広がる美しい景色を見て回った。懇親会も開かれ、佐久間繁社長が「良い花、良い庭をモットーにさらに努力していく」とあいさつした。