【菜の花】『菜の花畑の巨大迷路』開園 南相馬に響く子どもたちの歓声

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
津波被災地に広がる菜の花畑につくられた巨大迷路。連休初日で家族連れが訪れ楽しんだ=28日午前、南相馬市原町区

 南相馬市原町区萱浜の上野敬幸さん(45)が津波で被災した自宅近くに整備した菜の花畑の迷路が28日、開園し、一面に広がる菜の花のじゅうたんに子どもたちの歓声が響いた。5月6日まで。開放時間は午前9時30分~午後4時。

 2年連続で訪れた同市の保育園児(5)は「今年も楽しかった」と喜んだ。上野さんは「たくさんの人たちに笑顔になってもらえるとうれしい」と話している。

 迷路は南相馬署の南東の海岸沿い。5、6の両日は写真教室も開く。