【フクジュソウ】雪解けの山の斜面にかれんな黄色 フクジュソウ咲き誇る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
斜面一面に鮮やかな花を咲かせるフクジュソウ=16日午後、喜多方市山都町

 喜多方に春の訪れを告げる「福寿草まつり」は16日、喜多方市山都町沼ノ平地区で始まり、雪解けした山の斜面に黄色いかれんな花が咲き誇っている。

 主催する沼ノ平むらおこし実行委によると、約5ヘクタールに最大100万株のフクジュソウが咲く群生地が広がり、花は現在三分咲き。今年は雪が少なく気温が高くなったことで開花が早まり、まつり開催も1週間前倒しした。今月中は見ごろだという。会場付近の福寿草会館では沼ノ平そばが味わえる。見学時間は午前9時~午後3時。環境保全のため協力金300円をお願いしている。