【カタクリ】福島市小鳥の森でカタクリ満開 ボランティアが案内、解説

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
薄紫色のかれんな花を咲かせるカタクリ=26日午前、福島市小鳥の森

 福島市山口の「福島市小鳥の森」で26日、カタクリが満開となった。木々の葉が茂る前の数週間しか姿を見せない花が、林床を薄紫色に染めている。

 カタクリはユリ科の多年草。小鳥の森によると、例年よりやや早い19日に開花を確認した。天候にもよるが、来月上旬まで楽しめるという。

 小鳥の森では4月10日まで、ボランティアが常駐し群生地まで案内、解説などを行う。また先着500人にカタクリのポストカードをプレゼントする。