【ボタン】「須賀川牡丹園」開園 見ごろ待つ7000株、最盛期は5月上旬

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
咲き出した促成栽培のボタン=19日午前、須賀川市

 須賀川市の国指定名勝「須賀川牡丹園」が19日、開園し、同園で開園式が行われた。促成栽培のボタンは咲いているが、露地栽培のボタンはまだつぼみの状態。須賀川牡丹園保勝会によると、最盛期は5月上旬になる見通し。有料開園は26日から。

 約10ヘクタールの園内には約290種、約7000株のボタンが植えられている。同会によると、昨年と一昨年は開花時期が早まる傾向にあったが安定した天候の影響などで今季は例年並みという。既に、桜やチューリップ、スイセンなどは見ごろ。開園時間は午前8時30分~午後5時。朝のみずみずしいボタンが楽しめるよう、開花が進む見通しの28日~5月6日は開園時間を午前6時に繰り上げる予定。

 入園料は高校生以上500円、小・中学生200円。