【ヒマワリ】色鮮やかヒマワリ"100万本" 喜多方・三ノ倉高原に咲き誇る

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
色鮮やかに咲き誇るヒマワリ=29日、喜多方市熱塩加納町・三ノ倉高原

 喜多方市熱塩加納町の三ノ倉高原花畑に色鮮やかなヒマワリが咲き誇り、見ごろを迎えている。29日は時折、雨に見舞われたものの、次々に観光客が訪れた。

 標高約650メートルにあり、面積は約7.4ヘクタールで東北最大規模。エリアを四つに分け、開花時期がずれるように種をまき、全体で約200万本に。現在はレストハウス「山小屋くらら」の西部と北部のエリアで約100万本が山の斜面を黄色く彩る。9月上旬まで楽しめるという。

 郡山市から友人と訪れた佐藤和子さん(61)は「空気がおいしい。思っていた以上にヒマワリが色鮮やか」と話した。花畑は道の駅「喜多の郷」から車で北に約15分。