【ニッコウキスゲ】夏色に染まる雄国沼 ニッコウキスゲ見ごろ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
見ごろを迎え、湿原を黄色に染めるニッコウキスゲ=21日午前、北塩原村・雄国沼湿原

 北塩原村の雄国沼湿原で、ニッコウキスゲが湿原を黄色く染め、ハイカーを魅了している。

 ニッコウキスゲは夏の雄国沼を代表する花。県自然保護指導員の山口恒憲さん(73)によると、開花は平年より約1週間早く、ピークは今週末で、見ごろは7月上旬まで続く。

 雄国沼へは7月18日までマイカーでの入山が規制され、喜多方市熊倉町の県営雄国萩平駐車場からシャトルバスが運行している。今月25、26の両日は同駐車場で、地域住民による「ニッコウキスゲ花まつり」が開かれる。