【ハス】平和を表す大輪の花 三春・法蔵寺で観蓮会、来場者もてなす

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
境内で咲き誇るハスの花

 ハスの寺で知られる三春町の法蔵寺(多田昭道住職)で18日、観蓮会が開かれ、来場者が白やピンクなど色とりどりの花々を楽しんだ。同寺では多田住職らが鉢植えで108種類、約200鉢のハスを育て、平和を表す大輪の花が来場者を迎えている。

 早朝大茶会で来場者をもてなしたほか、天女の舞を表した「花架拳の舞」が繰り広げられた。ハスの葉に酒や水を注ぐ「象鼻杯」も振る舞われた。

 同寺によると、ハスの花は早朝が見ごろ。見学は自由。同寺は7月いっぱい「蓮まつり」として、投句会や写経会などのイベントを開いている。24日午前10時からはそば打ち教室を開く。参加費1000円。申し込みは20日まで。24日午前11時から打ちたてそばを無料で振る舞う。