【ヨツバヒヨドリ】アサギマダラ、ヨツバヒヨドリの花の蜜求め優雅に舞う

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ヨツバヒヨドリの花の蜜を求めるアサギマダラ=北塩原村、裏磐梯・デコ平

 「旅する蝶(ちょう)」と呼ばれるアサギマダラが、北塩原村の裏磐梯・デコ平に飛来している。ヨツバヒヨドリの花の蜜を求めて優雅に高原の空を舞っている。

 アサギマダラはアゲハチョウほどの大きさで、長距離を移動することが知られる。日本本土と南西諸島・台湾を子孫でつなぎ、行き来しているとされるが、未解明な部分が多い。

 同村のグランデコリゾートのゴンドラ山頂駅付近は国内有数の観察スポットになっている。7日には観察会が開かれ、大勢の家族連れらが写真を撮るなどして貴重なチョウの姿を記録していた。