【アジサイ】大串さん夫妻植栽のアジサイ500本...農道沿いなどで見ごろ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
見ごろを迎えたアジサイと大串さん夫妻

 石川町北山の農業大串秋夫さん(73)、節子さん(69)夫妻が自宅そばの農道沿いなどに植栽したアジサイが見ごろを迎え、地域住民を魅了している。

 大串さん夫妻は「通行する人たちに花を楽しんでほしい」と、自宅敷地に隣接する農道沿いや道路が交差するインター部分にアジサイを植栽。自分たちで栽培して少しずつ増やしながら、約10年をかけて、これまでに約500本を植えた。

 鮮やかな青色の花をつけたアジサイが道路を彩っている。大串さんは「『アジサイロード』となるよう、もう少し増やしていきたい」と話している。