【ヒマワリ】癒やし与えるヒマワリ 飯舘・道の駅までい館開業控え

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
道の駅開業を控え、咲き誇るヒマワリ

 飯舘村深谷の県道原町川俣線沿いに、12日に開業する復興拠点施設「いいたて村の道の駅までい館」向かいで、色鮮やかなヒマワリが見ごろを迎えた。

 開業を待ちわびるように咲き誇るヒマワリが、道の駅前を通るドライバーや工事関係者らにひとときの癒やしを与えている。

 道の駅の開業に合わせて村が道の駅の整備と連動させて栽培。地権者16人から約10ヘクタールの土地を借り、6月上旬ごろからヒマワリの種約400万粒を植えた。

 村によると、時期をずらして種をまいたため、道の駅開業後もヒマワリを楽しむことができるという。