【ヒメサユリ】美しくかれんな「ヒメサユリ」満喫 南会津でひめさゆり祭

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
訪れた人々の目を楽しませるヒメサユリ

 第24回ひめさゆり祭は16日、南会津町の南郷スキー場と高清水自然公園で開かれ、県内外から訪れた観光客らが美しくかれんに咲くヒメサユリを満喫した。

 南郷スキー場には、ステージが設置され、南会津高の生徒による「早乙女踊り」や同町を拠点に活動する現代版組踊「息吹」の公演などが繰り広げられた。また、会場内には、地元産野菜やそばの販売が行われたほか、南山木地師の伝統を継承しようと活動する南山郷人(みなみやまさとびと)の会メンバーが手動ろくろで木地作りを披露した。

 7ヘクタールの敷地に約100万本のヒメサユリが自生する高清水自然公園には、五分咲きとなったヒメサユリを楽しむため、小雨にもかかわらず多くの人々が訪れ、写真撮影などを楽しんでいた。同公園のヒメサユリは来週末に見ごろを迎えるという。