【モモの花】温かハウス「モモの花」咲き誇る 伊達でひと足早い"春"満喫

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ビニールハウス内でモモの授粉作業をする加藤さん夫妻=19日午前、伊達市梁川町

 「桃の節句」を前に伊達市梁川町のビニールハウスで色鮮やかなモモの花が咲き、ひと足早い春の訪れを感じさせている。

 果樹農家加藤和雄さん(65)方のハウス内の温度は日中約20度、夜間約10度に保たれており、15日ごろから花が咲き始めたという。「日川白鳳」「はつひめ」「黄金桃」の3種類を栽培しており、加藤さんは妻みつ子さん(64)と一緒に、19日から始まった人工授粉作業に汗を流した。加藤さんが丹精したモモは露地物より2カ月早い5月中旬に収穫される。