【洋ラン】1000種!『世界の洋ラン』集う 安田フラワーガーデンで洋らん展

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
安田フラワーガーデンで開幕した「世界の洋らん展inにいがた」

 国内外の洋ランおよそ1000種、約1万鉢を一堂に集めた展示、即売会「第21回世界の洋らん展inにいがた」(サントピアワールドなどの主催、福島民友新聞社などの後援)が11日、新潟県阿賀野市のサントピアワールド内、安田フラワーガーデンで開幕した。28日まで。

 毎年この時期に開かれており、今年のテーマは「洋らんとおとぎの国、おかしなお菓子の国」。本物そっくりのお菓子の家と多様なランでおとぎ話の世界を再現した「おかしの国のミニチュアガーデン」のほか、猿の顔に似た花を咲かせる「モンキーオーキッド」などの珍しい品種も展示され、来場者が華麗な花々の共演を堪能している。オープニングセレモニーでは佐藤十九一サントピアワールド社長らがあいさつ、テープカットをして開幕を祝った。

 開場時間は午前10時~午後4時、入場料1200円(小学生以下無料)。14日と21日は「園芸王子」として人気の三上真史さんの講演会も開く。