【モモの花】モモの花が咲き始め 伊達・ビニールハウスで授粉作業

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
春の雰囲気に包まれたビニールハウスの中で進められるモモの授粉作業=24日、伊達市梁川町の加藤さん方

 「桃の節句」を前に伊達市梁川町のビニールハウスでモモの花が咲き始め、一足早い春の訪れを感じさせている。

 同市の果樹農家加藤和雄さん(67)は24日、妻みつ子さん(65)と一緒に授粉作業に汗を流した。育てているのは「はつひめ」や「日川白鳳」などのわせ種で、露地物より1カ月半ほど早い5月中旬の出荷を目指している。

 「花を見ると、今年もモモが始まったと感じる」と加藤さん。昨季のモモは天候にも恵まれ、単価も上々だった。「風評も払拭(ふっしょく)されつつある。買った人を裏切らないモモを育てたい」と力を込めた。