【スカビオサ】贈答にいかが!色鮮やか「スカビオサ」 矢祭で出荷本格化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
出荷作業が最盛期を迎えたスカビオサ=矢祭町・ナメカワ園芸

 矢祭町のナメカワ園芸で、贈答用の園芸植物「スカビオサ」の出荷が本格化しており、従業員が作業に励んでいる。

 スカビオサは和名でセイヨウマツムシソウと呼ばれる多年草。ナメカワ園芸では桃色と青の2種類を生産している。ハウス内では、出荷を控えたスカビオサが色鮮やかな花を咲かせている。「昨秋の日照不足の影響もなく、きれいに咲いた花をお客さんに楽しんでほしい」と社長の滑川裕之さん(56)。

 出荷は3月下旬まで続くという。