【啓翁桜】「冬の桜」に癒やし 郡山・荘内銀行で啓翁桜が見ごろ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
見ごろを迎えている啓翁桜

 郡山市並木の荘内銀行郡山支店(鈴木康司支店長)で、山形県特産の冬に咲く桜「啓翁(けいおう)桜」が見ごろを迎えている。同支店によると、今月中旬ごろまで楽しめるという。

 啓翁桜は、同県では正月の風物詩として親しまれている。太い幹はなく、枝が何本もまとまって一つの株を形成しているのが特徴だ。

 同支店の啓翁桜は同県東根市から取り寄せたもので、薄桃色の花が咲き誇り、来店者を和ませている。

 鈴木支店長は「冬に咲くサクラで、一足早い春の訪れを感じてほしい」と話した。