【ユキヤナギ】虹色のユキヤナギ 出荷本格化、須賀川・JA夢みなみ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
温室の中で本格化するユキヤナギの出荷作業。手前は直売所向けのレインボーユキヤナギ=須賀川市

 福島県須賀川市のJA夢みなみのユキヤナギ開花施設では出荷が本格化し、生産者らが出荷作業に追われている。

 連日、同JAすかがわ岩瀬地区花卉(かき)部会の生産者15戸が育てたユキヤナギが運ばれ、1日平均2万~3万本を選別。直売所向けのレインボーユキヤナギの色付けも行われている。

 出荷されるユキヤナギは、根が付いたまま温度管理されたハウスの中で開花直前まで寝かせる「根蒸し」の作業を行っているので、花芽の数が多く人気があり、全国各地の市場と中国、台湾などにも出荷される。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【猪苗代】〔ふくしま・さくらだより〕観音寺川の桜並木 桜彩る川の流れ