カツオとネギの南蛮漬け

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 春にとれる「初ガツオ」は脂身よりも赤身が多く、サッパリと食べることができます。脳の活性化や血栓予防の働きが期待されるDHAとEPAの含有量が豊富なカツオを使い、温かいままでも冷やしてもおいしい南蛮漬けをご紹介します。

 ◆材料(4人分)

・カツオ.........1節(1/4本)
・ネギ.........2本
・ニンジン.........1/4本
・塩.........少々
・かたくり粉.........大さじ2
・サラダ油.........大さじ1
・つけだれ
 (A)
  しょうゆ、酢.........各大さじ3
  みりん、酒.........各大さじ2
  水.........大さじ1
  唐辛子(種を除く).........1/2本

 ◆作り方

(1)ネギはぶつ切りにしてオーブントースターなどでかるく焦げ目がつくまで焼く。
(2)カツオは1センチくらいの厚さに切り塩を振る。5~10分ほど置いたらキッチンペーパーで水分を拭き取り、かたくり粉を薄くまぶす。熱したフライパンに油を引き、両面を焼く。
(3)ニンジンは斜めに薄切りしてから細切りにし、(A)を合わせたつけだれと共に鍋に入れひと煮立ちさせる。
(4)バット、または保存容器などに(1)(2)を広げ、(3)をかけて味をなじませる。

 Profile【 きよりんさん 】
 忙しい日々の調理をなるべく簡単に、家族や友人の「おいしい」と「健康」のための「元気になるごはん」づくりが料理研究の基本。不定期の料理教室開催やイベント参加など、積極的に活動中。

2016年5月号・Me&You「おいしい自然派“げんきなごはん”」より