菜花と凍み豆腐のさっと煮

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県北地方・立子山の特産品でもある「凍み(しみ)豆腐」。栄養価は高く、低カロリー・低糖質なのでダイエット中の方にもなじみ深い食材です。3月は春を感じさせる菜花とともに食卓へ。卵でとじてもおいしいので、ぜひお試しください。

 ◆材料(目安量)

菜花.........1束
凍み豆腐.........3枚
ニンニク.........1片
オリーブ油.........大さじ1
.........お好み量
.........大さじ3~
白ゴマ.........お好みで

 ◆作り方

(1)水分を絞った凍み豆腐を短冊状に切る。菜花もそれに合わせ食べやすい長さに切り、茎の部分は縦半分にする。ニンニクは輪切りにしておく。

(2)フライパンにニンニク、オリーブ油を入れ、その上に凍み豆腐を並べて弱~中火にかける。ニンニクは焦がさないように!
(3)ニンニクの良い香りがしてきたら菜花を入れ、塩、水を加え、蓋をして弱火でさっと煮る。
(4)菜花に火が通ったらザックリ混ぜて出来上がり。器に盛ったら、お好みで白ゴマを散らしましょう。
 ※フライパンに水分が少し残るくらいが完成の目安です。

 *はるか'sメモ*
 凍み豆腐はとても酸化しやすいので早めに使い切るか冷蔵保存がオススメです。お湯で戻したら手のひらで挟むようにして絞る→流水にさらす、を何度か繰り返すことで酸化した大豆の油分を流す効果があります。

 【 環ごはんコラム 】食べることは生きること
 安くて簡単、便利な食材があふれる昨今。売る側も消費者の需要に応えようと帳尻を合わせるため、添加物や農薬、肥料などが多く含まれる食品もあります。販売者だけの問題ではなく、私たち消費者がそうさせてしまっている一面も忘れてはいけません。素材を見極め、季節のものを日々の食事に取り入れて、美味しく、楽しく、達者にいきましょう。
 1年間「環ごはん」にお付き合いくださりありがとうございました。心温まる感想をいただき、とても励みになりました。興味のある方はぜひ料理教室にもお越しくださいね。4月からはちょっと違う形でページを担当させていただきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 Profile【 本田悠さん 】
 環(まる)-自然と伝統の日々ごはん-主宰。福島市出身・在住。野菜が大好きで、自然栽培野菜を扱うレストランや助産院などでの調理スタッフを経て、会津の朝倉玲子氏のアシスタントとしてイタリアの家庭料理を学ぶ。現在、料理教室や料理イベントを中心に活動中。「おいしく楽しく"お達者に"」食から考える自然と健康がテーマ。

2019年3月号・Me&You「ほんだはるかの『環(まる)』ごはん」より